スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅先の街のパブに入っていくような twitter

あちらこちらのページでチラチラ目にしていたtwitterに登録してみた。

+ つづきをよむ・・・> >

ココニイテ イキヲシテル

keiseibara17


ここにいて 息をしている

それだけ


風の日には 風に吹かれ

雨が降るなら 雨に打たれている

濁流が 彼女を根っこごと押しやるのなら 流れが連れて行く場所へ

ひとの手が その花を摘んでいくなら 手折られるがまま

次の年が来て 同じ場所にまた 花を咲かせるかなど思惑わない

シッテイルとは そういうことなのです


keiseibara12

日本晴れの東京 ベリー再開

神宮前 渋谷トゥクトゥク


地下鉄の明治神宮前駅から階段を昇って地上に出たらこの青空☆
日本晴れだよおっかさん。。

日曜日の東京の 少しゆるい感じが好き

今日はベリー再開の日♪

暑いくらいの日差しの中 神宮の森をゆっくり散策した後
レッスンの時間が来るまで 教室の近くのスタバでひと息

タンクトップだけで歩いてるバックパッカーもいる

通りの方へ椅子の向きを置きかえて座ってたら
インドのリキシャのような・・タイのトゥクトゥクみたいなのが通り過ぎてった

渋谷にリキシャ?なんだかそこだけ異国の匂い 暢気ないい雰囲気。。^^
何かの宣伝カーか何かなの?観光の一環か何か?知ってる?
こんなあったかな日には気持ちよさそう♪

久しぶりのベリーダンス
やっぱり大好き☆サイコーに楽しかった♪
細胞が目を覚ましてシャンシャン言ってる感じ
やっぱり踊ってないと死んじゃうんだ。。
身体全部で自由に踊れるなんて最高にしあわせ!

毎週日曜日ときどき金曜日
渋谷界隈に出没します
タイミングの合う方はお茶でもしましょう


 
家族を送り出しに玄関の扉を開けたら 夜の精からの置きみやげ
明け方の空に 今にも消えそうなお月さまが懸かっていました
こんな美しいお月さまに逢えて・・早起きしてよかったな。。。早起きのご褒美

'09.11.15 朝6時

やわらかくつらぬく

にゃん

ほんとに貫けるのは

やわらかさ・・・


アスファルトを貫く

やわらかな草のような

帰る国を忘れてしまったから平気 と 旅をつづけた


        そのひとは
                   有田忠朗

               1

        風が大きな野原を渡るように
        草の背を乗りついで海の彼方へ
        あるいは長い川のある大陸へ
        淡々と渡っていった
        永遠の夏を宙吊りにして

        砂漠のどこかにパスポートを置き忘れても
        帰る国を忘れてしまったから平気 と
        旅をつづけた

        死は生と同じく
        あなたの限りない旅の途中の
        ひとつの入り口 そして出口だった 

        あなたが書いた詩は
        位置だけあつて大きさのない点の集まりに似て
        この世に透明で正確な図形を描いた
        読めば 風が茫々と草を靡かせ
        海を泡立たせて
        あなたが旅立つた跡を教えてくれるだろう

        その跡をたどれば
        ぼくらはまた
        どこかであなたにゆぐり会える
        あなたはあなたの死を通して
        生きることと死ぬことの意味を
        ぼくらに教えてくれた

        (さよならは言いません
        またいつか)


              2

        レモンを輪切りにした
        碧空に投げると
        それは見るみる駆け上がり
        灼けつく大気の中で太陽の車となつた

        マグナ・グラエキア
        その町や岩山で
        きょうも石を刻む男たち
        魚を揚げる女たち
        きみらは見たか
        さきほど海を渡つて
        南の方へ
        すばやく通過して行った
        ひとりの死者を

        そのひとは
        他界のドアをそつと開けると
        翼なく さりげなく
        晴朗な微笑をたたえて
        とおい彼方へ消えた

        風の小さなかたみを残して

                         『同時代』2003年6月号掲載
                         多田智満子氏への追悼詩




草の背を乗り継ぐ風の行方かな  智満子





結実の樹

さんざし


11月の誕生色、きっぱりと、生命の間際を燃え立たせる、赤。

リビングの窓の外、サンザシの実が赤く色づいて、艶やかに秋
の日差しを返してる。

サンザシの木は初め、ここより少し離れた場所、キッチンの窓
の方からよく見える場所に立っていたのだけれど、どういうわけ
か幹の部分が枯れてしまい、伐り落とさざるを得なかった。
その木から実がこぼれて来たのだろう、少しだけ家に近づいた
今の場所に、親の樹を引き継ぐように根を下ろし、真っ赤な実
をつけるようになった。

ケルト民族の樹木占いをベースにしたという木精占いによると、
わたしの生まれた日の守護樹はサンザシなのだそう。
勝手な解釈だけれど、守護樹がそばへ歩み寄ってきてくれたよ
うでうれしい。

夕方、この樹にかかる庇の上に鳥が一羽やってきて、やけに騒
がしく啼いていた。仲間たちを呼んでいるように。
今年もそろそろ鳥たちが、サンザシや柚子の実を啄みに来る頃。

鳥たちはまたその実を、種を、他の場所へと運ぶだろう。
大いなる営みの手の中、生命の引き継ぎが、そこここで交わさ
れていくのだろう。


12月02日 ?12月11日生まれのあなたの守護樹
サンザシ(結実の樹)

冬の訪れを感じ始めるころに生まれたあなた。

冷ややかな美しさを持ち、年齢を重ねるごとに、凛々しさを増
して生きます。人生において、規則正しい生活と、あたたかい
人間関係を築きますが、心の奥底では非日常を求めていま
す。様々な夢を思い描いて、哲学的な思索と芸術的な人生を
送る人も多いはずです。

夏生まれのサンザシと違って、ひとつ目標を決めると迷いま
せん。責任感と正義感が強く、徹底して実践していきます。

しかし、夢中になりながらも一方では、間違った選択をしたの
ではないかと、心配になることもあります。騙されているので
はないかと不安になり、他人をあまり信用しません。それがマ
イナスになることもありますが、あなたの純粋な魂を汚す相手
を、遠ざける力ともなっています。

サンザシは「自分の価値を信じなさい」と諭しています。夢を
かなえたいのなら後悔したり、嫉妬に翻弄されている時間は
ありません。あなたの信念と人生哲学を信じましょう。

●相性のいい樹木・・・ブナ、イトスギ、ハシバミ、サンザシ

『黄金の月』

          そして夜空に 黄金の月をえがこう
          ぼくにできるだけの 光をあつめて
          光をあつめて・・・

          ぼくの未来に 光などなくても
          誰かがぼくのことを どこかでわらっていても
          君のあしたが みにくくゆがんでも
          ぼくらが二度と 純粋を手に入れられなくても

          夜空に光る 黄金の月などなくても

                              スガシカオ「黄金の月」
      

秋のバラに会いに♪

keiseibara26


10月ももう終わり。

昨日の金曜日は秋のバラに会いたくて、車で2時間ほどの場所にある千葉の京成バラ園へ。
ここにはおよそ1000種類のバラが7000株ほど植えられているのだそう。
これほどたくさんの種類のバラが咲き誇っている光景を生まれて初めて目にしました。
おそらく地上で一番ひとの手を加えられ、より美しく、より香り高くと、交配されてきただろう花。

バラの花が一番匂い立つのは夜明けの頃。
わたしたちが到着した時間は、午後もう日が傾き始めていた頃でしたが、それでも天国のような香りの中を深呼吸しながら歩くほどに、肺の中にもオーラにもあの香気が満ちていくようでした。

胸を大きく広げて何度もハート・ストレッチ♪

秋の、傾いた陽の角度は、緑や花々の色をより鮮やかに艶かしく際立たせ、妖しささえも感じさせます。

愛と美の女神アフロディーテが、地上にまき散らした愛のシンボルたち。
匂い立つ夜明けの庭園に忍び込んで、至上の香りにくるまれたい。。。^^

3日の祝日にはバラの香水の調香体験もできるようです。


バラの花々と愛の交歓のあと、明日はアロマのテスト。なんと会場までの行き帰りの付き添いを申し出てくれた人のあり。頼もしい助っ人登場に心強くする。過ぎるくらい恵まれていると思う。


keiseibara1keiseibara2
keiseibara4keiseibara5
keiseibara6keiseibara7
keiseibara8keiseibara9
keiseibara10keiseibara12
keiseibara13keiseibara14
keiseibara15keiseibara16
keiseibara18keiseibara21
keiseibara22keiseibara23
keiseibara25keiseibara27
keiseibara29keiseibara30
keiseibara31keiseibara32
keiseibara33keiseibara34
keiseibara28

Profile

salima

Author:salima
さりまのPhoto&Message


ショップロゴ2

salima on twitter
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Recent Entries
メッセージはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

salima sites
このブログをリンクに追加する
Archives
Theme
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

i2i無料WEBパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。