スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲラン「ミツコ」に魅せられた男

Laurent Bruyere
photo: © Hajime Watanabe


対峙するように この写真の人物と見つめあっていた

調香に生涯を捧げた男 ?ローラン・ブリュイエール

彼に関する日本語の情報はほんの僅かしかなくて
拾い集めるようにしかその人となりが掴めないのだけど
この油断のない目が 何かを語りかけてくる気がして。。

彼は Guerlain3代目の調香師ジャック・ ゲランの手による香水
『Mitsouko』に強烈に魅せられ おそらく独力で調香の技術を身につけ
稀有の才能を自ら開花させる
International Flavors and Fragrances社の名調香師として
驚くべきエネルギーを傾け 数多くの香水を生み出した

彼は 下に挙げる作品を生み出す傍ら 取り憑かれたかのように
世に出ることのない自分だけの『Mitsouko』を生涯作り続けたという

ゲランの香水『Mitsouko』 は 作者であるジャック・ ゲランが
親交のあった友人の作家クロード・ファーレルの小説である
『ラ・バタイユ』に登場するヒロインの日本人女性「ミツコ」から
インスピレーションを得て命名したものだと言われている

小説のヒロイン「ミツコ」は 当時社交界の花形であった
クーデンホーフ光子をモデルとしたという説が有力なようだが
確かではない


ぐるぐると廻り巡り インスパイアしあうアート・・・

そしてわたしは今 この人からインスパイアされている

2008年11月 43年の生涯を閉じた その男

Laurent Bruyere


ブリュイエール調香の香水一覧
ティエリー・ミュグレー エンジェル イノセント (1998)
ラリック ル・ベゼ (1999)
ロリス・アザロ アズーラ (1999)
ラルフ・ローレン ポロ・ブルー (2002)
コスチューム・ナショナル インテンス (2002)
コスチューム・ナショナル セント (2002)
エスカーダ センチメント・プールオム (2002)
エスカーダ セクシーグラフィティ (2002)
キャシャレル アムール・アムール (2003 ドミニク・ロピオンとの合作)
サルヴァトーレ・フェラガモ インカント (2003)
サルヴァトーレ・フェラガモ インカント ドリーム (2003)
リンメル ビート (2003)
コスチューム・ナショナル セント シアー (2003)
イヴ・サン・ローラン パリ プルミエール ローズ (2003)
リュシエンヌ オー・ド・パルファム (2004)
コスチューム・ナショナル セント グロス (2004)
ラコステ エッセンシャル (2005)
ティエリー・ミュグレー エイリアン (2005 ドミニク・ロピオンとの合作)
ポール・スミス フローラル (2005)...
スポンサーサイト
Profile

salima

Author:salima
さりまのPhoto&Message


ショップロゴ2

salima on twitter
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent Entries
メッセージはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

salima sites
このブログをリンクに追加する
Archives
Theme
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

i2i無料WEBパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。