スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匂い 

匂いは
ひとりでは発することがないのだろうと
さっき一瞬だけぱらぱらと降ってきた雨の
あの降り始めの匂いを吸い込みながら
つらつらと考えていました

あの雨の匂いって
雨そのものの匂いではなくて
土やアスファルトや木々や草花や
そんなものの上に降り下りてきて初めて
放たれる匂い・・・

あれは雨と大地との出会いの匂い・・・?

乾いた土の上に降り出した時の雨は
お日さまの匂いがしてくるよね

雨、それ単体のものじゃなくて
出会いによって発せられてるだなんて
そう考えるとうれしくなる

だからこんなにも雨の降りだしにわくわくするのかな


人が何かに出会った時も
出会ったものによって独自の匂いを発してるんじゃないか。。

同じ女性でも
好きな男性に出会ったときと嫌いな男性とのそれでは
体臭も変わるのじゃないかしら・・・

そんなことをつらつら考えていたら
中国の三大美女の一人に数えられる“香妃”という
ウイグル族の王妃だったといわれる女性のことを
思い出しました

清の乾隆帝に民族を滅ぼされ
夫である王を殺された香妃

逆に乾隆帝に見初められ後宮に迎え入れられます

香妃は体中から天与の芳香を放っていたという伝説があり
彼女の体臭は沙棗の花に譬えられていたそう

その香妃の香りを再現しようと創られたのが
資生堂の調香チームによる香水「SASO」なのだそうだ

皇帝に求愛されながらも
夫の仇である皇帝の命を狙い続けていたという香妃
皇帝の留守中皇太后から自害を迫られたその時まで
沙棗に譬えられる天与の芳香は
変わらず放たれていただろうか

植物は香りで虫たちを引き寄せもするけれど
虫たちを遠ざけ身を守るためにも匂いを発する

花も咲き始めと満開の頃、花の終わりには
それぞれ異なった香りを放ち
また昼と夜とでは香りを変える花があるように
人間も刻一刻と
あるいは出会うものによって
匂いを変えてるかもしれない

スポンサーサイト
Profile

salima

Author:salima
さりまのPhoto&Message


ショップロゴ2

salima on twitter
Calendar
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Recent Entries
メッセージはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

salima sites
このブログをリンクに追加する
Archives
Theme
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

i2i無料WEBパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。