スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The end of long vacation

tulip*tulip

2009.4.4 自宅の庭にて




四月
桜も咲いて 草木もいっせいに芽吹きをはじめた
今日は庭の草叢から蛙の啼く声まで聴こえてきた

去年の秋に植えた球根もみんな
すっかり顔を出して 今にも咲こうとしてる


四月

そんな営みに わたしも心が逸りながら・・・
この春 いくつかの新しい環境の中へ入っていくことになった

それぞれ別々の事柄が同時進行していくから
これからの日々のパターンも大きく変化していくだろう
ゆっくり庭の花を眺めていられるのも 今が最後かも・・
(あぁ・・今年の桜が咲いてるあいだ たんと満喫しておこっと)

これまで自分の周りに構築してきた制限を超えていこうとしてる・・
ブレイクスルーが始まる
始まるというよりは 起こしていくと言った方がいいかな
わたしたちは 何者かに翻弄されているのではない
主導権は この手にあるのだから

万全を待っていたならいつまでも飛び立てない
前例がないなら 自分が前例になればいい
古い服が気に入らないなら 新しい服に着替えるだけだ

長いテスト走行を終えて 未知の自分と顔を合わせに
トップギアにスイッチしたまま ふりきってく

タイミングはきてる


 ジョナサンは水平飛行にもどった。そしてしばらく黙っていたが、やがて口をひらいた。
「大したものだ」と彼は言った。「ところで、あなたがたは?」
「あなたと同じ群れのものだよ、ジョナサン。わたしたちはあなたの兄弟なのだ」

 その言葉は力強く、落ち着きがあった。

「わたしたちは、あなたをもっと高いところへ、あなたの本当のふるさとへ連れて行くためにやってきたのだ」
「ふるさとなどわたしにはない。仲間もいはしない。わたしは追放されたんだ。それにわれわれはいま、<聖なる山の風>の最も高いところに乗って飛んでいるが、わたしにはもうこれ以上数百メートルだってこの老いぼれた体を持ち上げることはできんのだよ」
「それができるのだ、ジョナサン。あなたは飛ぶことを学んだんじゃないか。この教程は終ったのだ。新しい教程にとりかかる時がきたのだよ」

 これまでいつも彼の頭の中には何かが瞬間的にひらめくことがよくあったが、この時もジョナサンは即座にさとった。彼らの言うことは正しい。自分はもっと高く飛ぶことができる。自分の真のふるさとへ行くべき時がきたのだ。

 彼は最後の長い一瞥を、そこで自分が多くのことを学んだ空と銀色の壮麗な陸地へ投げかけた。

「よし、行こう」ついに彼は言った。

 そして、ジョナサン・リヴィングストンは、星のように輝く二羽のカモメとともに高く昇ってゆき、やがて暗黒の空の彼方へ消えていった。

                        リチャード・バック「かもめのジョナサン」から
スポンサーサイト

春の手みやげ

プレゼント


2009.3.30 自宅にて




家族が散歩の帰りに摘んできたホトケノザ



コーヒーカップに活けて

わたしが作業しているテーブルの片隅に置いていってくれた



豪華な花束など贈るような人ではないけれど

こんなことをされては

ちょっとだけ 胸が苦しくなります

Profile

salima

Author:salima
さりまのPhoto&Message


ショップロゴ2

salima on twitter
Calendar
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Recent Entries
メッセージはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

salima sites
このブログをリンクに追加する
Archives
Theme
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

i2i無料WEBパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。